メンバー

私たちが大切にしていること

日本では世界に類を見ないスピードで超高齢社会が進展しています。少子高齢化と人口減少が相まって、地域の助け合い・相互扶助が成り立たなくなりつつあります。 そんな日本において、誰しもが自分らしく行動を選択し、助け合い、よりよく生きる事ができる社会の実現に向け、日々努力しています。産業の福祉化を目指す私たちが大切にしている行動指針です。

1.ユーザーにとって真に価値のある提案をする為に全力を尽くす

私たちはそれぞれのユーザーが持つ価値観、世界観を尊重し、真にユーザーにとって価値のある提案をする為に全力を尽くします。一方的な価値観ではなく、ユーザーにとって望む進化が果たせれるよう、真摯にプロダクト・サービスを構築します。ユーザーが、社会の中の選択肢の一つとして認知され、誰かを助ける事ができる。そんな多様性のある社会を創造する事業を行います。

2.情熱をもって真摯に取り組む

私たちは、私たちが行うプロジェクトが生み出す価値を実現する為、情熱を持って事業に挑みます。その為に徹底的に人を知り、社会を知る為に努力します。本当に社会にとって必要な価値を追求します。

3.一人ひとりがいきいきと生きる

私たちは、社員一人ひとりを厚く信頼しています。それぞれが持つ価値観を尊重し、多面的なチームで価値創造をしていきます。 チームのメンバーが思い描いた道を達成し、成長する事でチームに多様性が産まれ、創出する価値をよりよいものに。チームのそれぞれが考える努力の過程を認め、応援することで成長をサポートします。チームの成長のため、発想の共有できるコミュニ―ション、新しい情報へのリーチ支援、「やりたい」と言えるのびのびとした雰囲気といったアットホームなカルチャーを大事にします。チームの多面性と共に新しい価値を生み出していきます。

メンバー

マネジメントメンバー

 

熊田光臣 代表取締役社長

プロボクサー、豊橋市高齢福祉課を経て、2012 年 8 月に株式会社福祉情報事業団を設立。「介護を次の世代の宝物に」を理念に掲げ、時代の先を常に目指した福祉のあり方を追求している。

事業開発メンバー

 

青木一祥 事業部長

高齢者介護での介助支援、相談援助経験を経て若手の人材育成を行う。福祉情報事業団では結婚式専門介助サービス「ベルウェディング」を担当。

西田恭衣 広報部長

営業戦略担当。営業の最前線にたつ。 広報部担当。